溶接ナット

日本工業規格(JIS B 1196-1994 )による説明を引用しますと、溶接ナットには下記の「六角溶接ナット」「四角溶接ナット」「T型溶接ナット」の3種類に大別され、またそれぞれのなかでも外形の違いによって分類されています。

四角溶接ナット
パイロナット
フランジ付六角溶接ナット

 弊社は この中でもプロジェクション溶接突起をもった四角溶接ナットのパイオニアであり 各自動車メーカーの規格に準じた製品を 多岐にわたり生産しています。
 サイズは ナットの二面幅×高さ×ねじ径で表し また形状の違いにより 弊社独自の呼び方で 立足・横足に区分しています。

横足タイプ=ID形

プロジェクション突起部(足部)は上から見て張り出しがあります。


立足タイプ=IC形

溶接の際の位置決め用に パイロットリングを持った溶接ナットです。

フランジ付き六角溶接ナット

座面積が必要な部分や、ねじ強度区分が高い所でご使用いただいています。

キャップ付き溶接ナット (キャップナット・袋ナット)

誤って長いボルトを締結させてもナットより奥にある基盤や電線をキズ付けない目的でご使用いただいています。

ピアスナット・カシメボルトのことならお任せ下さい!

作業工程で発生するCO2を大幅カットする地球に優しいエコ(ECO)製品。
作業工程の大幅削減で仕掛品の低減と工場内の有効空間造り!