フローフォームは「アルミ+鋼板」の異材接合、「アルミ+アルミ」の接合などを可能にした革新的接合技術です。下穴加工が不要で、複数の部品の締結を1工程でおこないます。

特長

フローフォームは、ワンサイドから「穴加工・雌ネジ転造成形・ネジ込み」プロセスで異材接合を可能にする新接合技術です。

  1. 穴加工
    押し込み荷重と高いねじ込み回転スピードの組み合わせで、金属板を加熱し穴成形を開始します。
  2. ネジ転造
    加熱された金属板が塑性流動しながら、雌ねじを転造成形します。
  3. ネジ込み
    転造成形された雌ねじにフローフォームがネジ込みます。
  4. 締め付け
    設定された適切なトルクでフローフォームを締め付けます。

利点

円形の断面を持つ従来のネジ転造スクリューと比較すると、一部が三角形の断面を持つフローフォームの方が大きなメリットがあります。

特に、ネジ転造トルク、押し込み荷重はより低い数値での締結が可能です。

具体的に次のようなメリットがあります。

  • 締結専用機を使用することにより、締結プロセスの信頼性を高めます。
  • 締結専用機を選ぶ際に柔軟性があり、また締結プロセスをより簡単にモニタリングできます。
  • タクトタイムが短縮できます。

従来の商品との比較

シミュレーション

押し込み荷重と高回転の組み合わせにより、金属板を加熱し穴を成形、雌ネジを転造し、ネジ込みの後、制御された適切なトルクで締め付けという一連のプロセスで締結します。

ピアスナット・カシメボルトのことならお任せ下さい!

作業工程で発生するCO2を大幅カットする地球に優しいエコ(ECO)製品。
作業工程の大幅削減で仕掛品の低減と工場内の有効空間造り!