ピアスナットシステム

 ピアスナットシステムは、パンチブロック、ダイスとダイスホルダー、ナット、給送装置、制御装置から成り立っています。順送プレスやロボットラインでの使用など、様々な場所で使用できます。

ピアスナットシステムの使用例

順送プレスでの使用

順送プレスを使用してワーク成型を行うダイセット内にパンチブロック、ダイスとダイスホルダーを取り付ける事により、ワーク成型とナット取り付けが一工程で完了する事が出来ます。 安全確認センサー付きなので安心して生産ができます。

≪メリット≫ 量産に最適です。 仕掛品の大幅削減。

ロボットラインでの使用

ロボットがワークを持ち、パンチングブロックとダイスとダイスホルダーをセットしたプレスへ運びナットカシメを行います。 ロボットのプログラムにより多種のワークに対応できるので、ダイセットが不要になります。

≪メリット≫ 大きなワークに少数のナット取り付ける場合。 少量多品種に対応。

システム全景

アーノルドが制作したピアスナットシステムの全景アニメーションはこちらからご覧いただけます。

ピアスナットシステムの各装置について

①パンチブロック

  • パンチブロックは、ナットをワークに打ち込むための装置です。
  • プレスの動きに同期し、ナットの自動供給を可能にします。

②ダイスとダイスホルダー

  • ダイスは穴あけの機能とともにかしめダイスとしても機能します。
  • ダイス及びダイスホルダーは多くのタイプが準備されており用途によって適正なものを提案いたします。
ダイス
ダイスホルダー

③ナット給送装置

エアフィーダー
特徴
  • 遠隔地へナット給送できます。
  • 高位置へもナット供給ができます。
  • 電源:AC100V 2極オンプラグ付き 5m
長所
  • プレスから離して設置できる。(100mでも可能)
  • KP-6で給送能力40~45個/回、選別能力200~230個/分
短所
  • 天井が低い所ではホースの取り付けができません。
パワーフィーダー
特徴
  • エアーシリンダーでナットを給送します。
  • ナットの給送経路が蛇行している場合でも確実に給送できます。
  • 電源:AC100V 2極オンプラグ付き 5m
長所
  • 標準で4個打ちができます。
  • 床にナットホースを配管できます。
短所
  • プレス機から5m以内に設置が必要。
ナット充填~マガジン方式
特徴
  • 複数のプレスにマガジンを取り付ける事により、多品種の生産が可能。
  • 段取り変えがとても簡単
  • エアーフィーダー、パワーフィーダーと比べると安価。
  • 少量のナットを取り付ける事に向いています。
  • 電源:AC100V 2極オンプラグ付き 5m
短所
  • 都度マガジン(購入品)に充填が必要。
  • プレスのそばにマガジン設置が必要。
充填
  • KPタイプ・・・約10分
時間
  • ユニバーサルタイプ・・・約30分
  • マガジンへの必要エアー圧力は4~5kg/㎤
分配給送方式
特徴
  • 一台の給送装置から多列にナットを供給できます。
  • パンチブロックが3個以上の場合に使用

④制御装置

  • ピアスナットの確実な取付を実現します。
  • プレス作業で発生するナット欠などのトラブルを未然に防ぎます。
  • トランスファープレスでのパネル抜け運転にも対応できます。
  • オートダイチェンジにも対応し、ピアスナットに対する作業が不要です。

⑤ホース継金具

  • パンチブロックを装着したプレス金具とナット給送装置をワンタッチで分離するために使用します。
  • エアーをシールしますのでエアー消費を減少し、消音効果があります。
  • ナット落下防止機能を備えています。

⑥クリンチメーター

  • ピアスナットのパネルに対するクリンチ強度を簡便に測定するもので、現場での作業管理の必需品です。
  • アナログ表示型とデジタル表示型があります。

ピアスナット・カシメボルトのことならお任せ下さい!

作業工程で発生するCO2を大幅カットする地球に優しいエコ(ECO)製品。
作業工程の大幅削減で仕掛品の低減と工場内の有効空間造り!